パーツごとのチェックポイント・ハードディスク・SSD

パーツごとのチェックポイント・ハードディスク・SSD

ハードディスク(HDD)やSSDも、ラップトップ機、デスクトップ機を問わずPCにとって枢要です。システムを立ち上げるブートアップに必要なディスクドライブだからです。これがないとPCを立ち上げることすらできません(Linux系のOSで光学ドライブからCDで立ち上げられるものはあります)。
したがって、中古PCの購入を検討する際にも、とても重要なチェックポイントになります。
 
ディスクドライブの寿命
中古PCにおけるディスクドライブの問題として、もっとも肝心な点から押さえておきましょう。寿命です。
 
HDDの寿命は長くて5年(10,000時間)
SSDの寿命は5~10
 
HDD、SSD双方ともに、「消耗品である」という認識を持つ必要があります。両者それぞれの仕組みを簡単に後述しますが、データの読み書きに際して消耗・劣化する部分があるのです。
さてこうして寿命を見ると、SSDは良いとしてもHDDの方は中古PCとして売りに出されている時点でかなり寿命に近づいているケースもありうるでしょう。ですから、「HDDは新品に換装してあるかどうか」、ショップに確認することをおすすめします。換装してあれば当面は安心です。逆に換装しておらず、HDDが寿命に近くなっていたとしても、近年はHDDがかなり安くなっていますので、ショップに依頼するか自力で新しいHDDに換えることもできますし、いっそ高価でもSSDに換えてしまえば、それはそれで快適なPCライフが楽しめます。
 
寿命が近いときのサイン
HDDの場合は、いよいよ寿命が近いとなったときに、よく気をつけていれば気付くことのできる「サイン」が出ることがあります。「OSの起動ができなくなった」となると、これはもはや末期というか、すでに死んでいると言える状況で、データが助け出せるかどうかもあやしくなりますので、できるだけそうなる前に前兆をとらえて、バックアップして新品に換装するようにしましょう。
 
・読み書きエラーがふえる
・読み込みがおそい
・PCから「ピコン」などの音が鳴る
・フリーズの頻度があがった
・なにやら焦げくさいにおいがする
・起動がおそい
・ディスクの回転音が大きくなった
 
以上のような兆候が現れたら、寿命が近づいています。早めに対処しましょう。
また、「Crystal Disk Info」などHDDの診断をしてくれる無料のソフトもありますので、活用してください。
 
さて、もう一方のSSDですが、おそろしいことに、明らかに寿命に達していなくても、何の前ぶれもなく、突然こわれてしまうことがあります。上述の「5~10年」という寿命の目安は「NAND型フラッシュメモリーの書き換え限界」によっていますが、これとは別に、メモリーを制御するパーツが故障するケースがあるのです。
HDD、SSD、いずれにしても、日頃の小まめなバックアップが大切ということです。
 
HDDの仕組みとは
HDDの仕組みもざっくりと知っておきましょう。上手な付き合い方に結びつくことでしょう。

・HDDは磁気でデータを記録
「ディスク」というからには、形状は円盤です。円盤上に同心円状にデータを記録する「クラスター」が配置され、このクラスターを単位にデータを書き込みます。大きなデータは複数のクラスターにまたがって書き込まれます。逆に小さなデータでも最低ひとつのクラスターを占拠します。クラスターのサイズは4キロバイトや8キロバイトなどです。
ひとつひとつのデータの場所はFAT(ファイル・アロケーション・テーブル)に記録されており、HDDはデータの読み出しを命令されると、まずFATを見に行き、そこで知った場所にデータを読みに行きます。

・読み書きするヘッドとディスク面 
高速回転するディスク面と読み書きするヘッドの間のクリアランス(すき間)は非常にせまく、「ジャンボジェット機が地上1メートルを飛行しているようなもの」とたとえられます。このすき間はタバコの煙の粒子より小さく、非常に小さなホコリでもヘッドやディスク面を破壊できます。
ヘッドとディスク面の間には「ライナー」と呼ばれる潤滑層があり、ヘッドが動作する度にこの潤滑層は摩耗します。このことがHDDの寿命の一因となります。
・ディスクの保磁力にも寿命
ディスクはきわめて小さな磁石のN極とS極という磁気の状態によってデジタルデータを記録します。N-Sの状態を書き換えることができる磁石の寿命(保磁力)は、冷蔵庫の扉にくっついているものなど身近に見られる永久磁石よりもはるかに短く、長くても5年程度です。これがHDDの寿命の最大要因となります。

・定期的にデフラグをPCを使っていると、アプリケーションソフトが頻繁にディスク上のデータを書き換えます。それを重ねているうちに、ひとつのまとまったデータを記録するクラスターがバラバラの場所に散らばってしまうことがあります。これが「断片化・フラグメンテーションfragmentation」と呼ばれる状態です。
その状態がひどくなると、データが事実上破壊されてしまい、エラーを起こしやすくなります。これを防ぐために、バラバラになったデータをもう一度一本につなげてやる作業を行います。これが「デフラグメンテーション defragmentation (デフラグ)」です。
デフラグは週に一度くらいは行うべきでしょう。OSの「ツール」や「アクセサリー」でそのためのプログラムは用意されていますし、ディスクのプロパティからも実行できます。
ただし、デフラグはOSやアプリケーションソフトの安定動作にはつながりますが、HDDの寿命には何の貢献もしません。寿命は一切延びませんので、その点はご承知おきください。
 
SSDの仕組みとは
SSD Solid State Drive は「NAND型フラッシュメモリー」と呼ばれるメモリーにデータを記録します。PCの中にあるふつうのメモリー・RAMは「ダイナミックメモリー」と呼ばれ、電力を通していないとデータを保持できませんが、「フラッシュメモリー」は通電していなくてもデータが保持されるため、記憶メディアとして使えます。SSDはこうした記憶メディアとしてHDDの代わりをつとめることができるのです。
SSDには次のような特徴があります。
 
・半導体のスイッチングのみで記録するので、メカニカルな動作部分がない
・そのため、振動も音もいっさい出さない
・HDDよりも消費電力が小さく、発熱量も少ない
・RAMよりは遅いが、HDDよりはずっと速い
・外からの衝撃や振動に対して、HDDよりも強い
 
こうしたすぐれた特徴により、SSD搭載のPCは全体的に使い勝手が良くなり、特に起動の時間が70%ほどで済むようになります。
反面、次のような欠点もあります。
 
容量あたりのコストがHDDよりも高い
・フラッシュメモリーによるものでは、データの書き込み・消去のたびに素子が劣化する
・そのため、アクセス頻度が高い使用法では寿命が短くなることがある
・フラッシュメモリーによるものでは、故障した際のデータ復旧ができないことがほとんど
 
現在の時代のすう勢を見る限り、SSDが流行していることは明らかですが、前述したとおり「何の前ぶれもなく突然こわれてしまう」こともあり、上記のように「故障するとデータが復旧できず、失われてしまうケースがほとんど」という、いまだ克服されていない問題点もあることから、「導入は時期尚早」として見送るユーザーも多くいらっしゃいます。特にヘビーユーザーの方や、データの保全が重要な職種の方などは、HDDを選ぶことが多いようです。
 
まとめ
HDDやSSDは、いずれも消耗品です。中古PCの購入を検討する際には、どのくらいの期間使われているか、かならず確認しましょう。
HDDの寿命は長くても5年です。ショップに依頼するか、自力で新品やSSDに換装することをおすすめできるケースが多いだろうと思われます。


中古パソコン中古ノートパソコンLenovo 中古パソコンpanasonic 中古パソコン東芝 中古パソコンDELL 中古パソコンHP 中古パソコンApple 中古パソコンNEC 中古パソコン富士通 中古パソコンlet’s note 中古Dynabook 中古Latitube 中古xps 中古optiplex 中古folio 中古probook 中古Elitebook 中古Zbook 中古iMac 中古Macbook Pro 中古Macbook Air 中古surface 中古iPad Pro 中古iPad mini 中古iPad Air 中古iPad 中古iphone 中古xperia 中古Galaxy 中古